世界中の仰天ニュースをお届け!

2016年1月31日
0

これが噂の「ファストウォーカー」なのか?国際宇宙ステーションのカメラがとらえた高速で移動する謎の未確認物体

このエントリーをはてなブックマークに追加


 今年の1月11日、ある人物の手によりネット上に投稿されたUFO動画が話題を呼んだ。宇宙ステーションのカメラに撮影された高速で宇宙空間を横切るこの物体の正体にさまざまな憶測が飛び交ったのはもちろんのこと、とりわけ注目を集めたのは、この動画のタイトルにある「ファストウォーカー(Fast Walker)」の文字だった。
 
 実はこの「ファストウォーカー」という単語は、北アメリカ航空宇宙防衛司令部(NORAD)において、あるものの名を示す隠語なのだという。北米の空の防衛の一端を担う統合組織にとってこの呼称が意味するものはいったい何なのか?その謎に迫る。

[動画を見る]
Fastwalker seen by Space Station Camera.

 コンマ一秒以下のごくわずかな一瞬に、地球に向かうミサイルにも似た何かが映り込んでいる。この物体が何であれ、異常な速さで飛行していることは間違いない。この動画はStreetcap1という投稿者により、「宇宙ステーションのカメラに映ったファストウォーカー」というタイトルがつけられていた。

[画像を見る]
※GIFアニメ:iPhoneで見る人は画像クリックで表示

ファストウォーカーはUFOの隠語?

 Streetcap1がこの物体につけた名は、NORADが使用するコードネームの一つだ。2006年に放送された「ファストウォーカー」というドキュメンタリーの中でも、NORADが「地球の衛星軌道上を交差し地表に着地した未確認飛行物体」をそう呼んでいることが確認できる。
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品