世界中の仰天ニュースをお届け!

2016年1月31日
0

そこに行くことを夢見て。神秘と魅惑に満ち溢れた世界11の理想郷

このエントリーをはてなブックマークに追加
/*.adslot_3 { width: 300px; height: 250px; }
@media (min-width:340px) { .adslot_3 { width: 336px; height: 280px; } }
/*]]>*/

 そこに行けばどんな夢でも叶えられると信じられてきた理想郷。人は辛いとき、苦しいとき、理想郷にたどり着くことを夢見て満たされない日々を耐え抜く。

 そんな人々の想いが強ければ強いほど、理想郷は架空の次元から現実世界へと転換され、信憑性を帯びた伝説となる。ここではどこかにあると信じたい、語り継がれてきた11の理想郷を見ていくことにしよう。

■ 1. アガルタ

[画像を見る]

 それが素晴らしいのは、アガルタが伝説の都市であるだけでなく、陰謀論とも関連があることだ。すなわち地球は空洞であり、そこに謎の人種による文明が存在するというものだ。

 伝説の形成に重要な役割を果たしたのは、19世紀のフランスの神秘思想家アレクサンドル・サン=ティーヴ・ダルヴェードルである。彼は著書『インドの使命』の中でアガルタについて、東洋のどこかに高度な文明を持つ地下都市があり、人類全体がモーゼやイエスの戒律に従うようになった暁にはそれを利用できるようになると記した。

■ 2. アトランティス

[画像を見る]

 この類の話にアトランティスを欠かすことはできない。伝説の地と聞けば、ほとんどの人がまずこの地を思い浮かべるのではないだろうか?

[画像を見る]

 神の怒りに触れて海底へ沈んだアトランティスに最初に言及したのは、古代ギリシアの哲学者プラトンである。
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品