世界中の仰天ニュースをお届け!

2016年2月5日
0

オヤジだって愛したい。愛猫とオヤジの心温まる写真と猫エピソード「 Men With Cats」

このエントリーをはてなブックマークに追加


 猫が好き過ぎて止まらない。猫を愛してやまない”猫キチ”は、海外では「Crazy Cat Lady(クレイジーキャットレディ)」という言葉があるように、女性の姿が連想されがちだが、実は男性の猫好きも相当なものなのだ。かつては水面下でなりを潜めていた彼らだが、インターネットの普及によりその姿が赤裸々となりつつある。

 自身も大の猫好きである写真家のデイヴィッド・ウィリアムズは、ネコを溺愛するオヤジたちをフォーカス。オヤジと猫が共存する空間をファインダーに収めた。

 ミュージシャンから、兵士、アーティスト、CEO、トラック運転手、タトゥーアーティストにいたるまで、様々な職業のオヤジたちが猫の下僕として暮らしていたのである。

 「ぼくが最初に撮ったのは、食料品店の同僚だった」とウィリアムズは自分の本に書いている。「彼はたっぷり顎鬚を生やし、ガンガンロックをかけながら、ギンギンに体を鍛えるようなネコフェチだった。それ以来、猫にメロメロなタイプにはとても見えない、意表を突く男たちを探してきたというわけだ」

 それではウイリアムズ撮影による、猫とオヤジたちの写真を、その微笑ましいエピソードとともに見ていくことにしよう。

1. ジョン 愛猫:ユキ
[画像を見る]

 ネコは本当に要求が厳しい。エサが欲しかったり、構って欲しいとき、その要求が通るまで容赦しない。彼女の一番のお気に入りは、ぼくの膝の上で構ってもらうこと。
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品