世界中の仰天ニュースをお届け!

2016年2月10日

運命が引き寄せた出会い。命を救った猫に命を救われた飼い主の物語(アメリカ)

このエントリーをはてなブックマークに追加


 アメリカ、テキサス州に住むグレン・シャルマン(56)さんは、脳がひとつではなく、三つに分かれた状態で生まれ、多小脳回または一方的裂脳症という、視床下部過誤腫として知られる珍しい脳の腫瘍を抱えている。その影響で日に1回は発作が起きるのだが、寝ている間にこの発作が起きると、そのまま死んでしまう可能性もあるとても危険なものである。

 そんなシャルマンさんだが、数週間前ヒューマン・ソサエティ・オブ・ノース・テキサスが運営する里親セン
ターを訪れ、ひとつの命を救った。

 とてもかわいそうに境遇にあったという猫のブレークは、この後シャルマンさんの命を救うこととなるのである。

 ブレークが以前飼われていた家は地獄のようなところだった。その家では、何匹もペットを飼っていたため、持て余してしまい、きちんとした世話ができずに、動物たちは放置状態になっていたのだ。人間の愛情というものをまったく知らずに過ごしたブレークに、心から安らげる家を探しているところだったが、里親はなかなか見つからなかった。

[画像を見る]

 そこに訪れたのがシャルマンさんだ。「あの子はとても目立っていた」とシャルマンは語る。「ひとりで飛び跳ねて、やたら鳴きまくって、ここから出して、出してとボクに訴えていたんだ」シャルマンが近づいて抱き上げると、彼の額にキスして、ゴロゴロ喉を鳴らしたという。

 まるで、運命に引き寄せられたかのように養子縁組が決まった。

注目の商品