世界中の仰天ニュースをお届け!

2016年2月14日
0

古代ギリシャの埋葬品に現代のノートパソコンが彫刻されていた!?

このエントリーをはてなブックマークに追加
[画像を見る]

 古代ギリシアの都市国家デルポイは、太陽神アポロンを祀った神殿で神託が下されていたことで知られている。このデルポイの神託は、1,000年以上にわたり古代ギリシア世界で最も権威ある神託であった。

 一説によれば、デルポイの神殿の司祭は、神とされた高度な科学技術を持つ異星人、あるいはタイムトラベラーからハイテク情報機器を使用することが許されていた言われている。

 この度、それを裏付けるかのように、紀元前100年頃のギリシア彫刻の中に現代のノートPCらしきものが刻まれていることが明らかとなった。
 問題の彫刻は、アメリカ、カリフォルニア州にあるJ・ポール・ゲティ美術館に展示されている。説明書きには「肘掛け椅子でくつろいだ女性が、召使の少女が持つ底浅の収納箱の蓋に手を伸ばしている」とある。このレリーフはギリシアの埋葬品の一部であり、死者が死後にもこの世と同じ悦楽を得られるように願ったものだと考えられている。

 だが、そこに彫られている物体は現代のノートPCそっくりで、ご丁寧にUSBポートらしき穴まで付いている。また収納箱との説明の割には、宝石箱としても幅が狭すぎ、伝説のパンドラの箱の記述とも一致しない。

[画像を見る]

[画像を見る]

 異星人/タイムトラベラー説に懐疑的な立場からは、謎の物体は古代ギリシアで一時的な記録や文字の練習に使用されたロウ板との説明がなされている。

 これに対して、異星人/タイムトラベラー説の支持者からは、彫刻された物体は、ギリシアの美術品に描かれる他のロウ板よりもずっと薄く、通常一緒に描かれている尖筆もないと反論する。
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品