世界中の仰天ニュースをお届け!

2016年2月19日
0

内戦で破壊しつくされたシリア、ホムスの町の様子をドローンカメラで撮影した映像

このエントリーをはてなブックマークに追加


 シリア西部にある都市、ホムスは、2011年のシリア騒乱で政府軍と反体制派による激しい交戦が行われた場所である。激しい交戦状態に陥ったホムス旧市街では避難誘導も満足な救援物資の輸送も行われないまま砲撃を浴び続け、約2年間で2,200人が死亡し、国連介入のもと、2014年にようやく戦いの幕が下ろされた。

 
 内線で破壊しつくされたホムスの街並みをドローンカメラが撮影した映像が最近になって公開された。

[動画を見る]
2016 Drone Aerial from Homs, Syria

 人為的崩壊により廃墟と化したホムスの町
[画像を見る]

[画像を見る]

[画像を見る]

[画像を見る]

[画像を見る]

[画像を見る]

[画像を見る]

[画像を見る]

かつての面影は微塵もない
[画像を見る]

 流血や苦しみはもう十分なはずだ。だが現在、この悲惨な紛争は6年目に入ろうとしている。ホムスでの銃撃戦は収まったものの、シリア各地で血は流れ続け、人々の苦しみは増している。

 今日、シリア国内には、人道支援を必要とする人々が1350万人いるといわれている。子どもたちは、教育の機会を奪われ、恐怖のトラウマで深く心に傷を負っている。

【内戦で破壊しつくされたシリア、ホムスの町の様子をドローンカメラで撮影した映像】を全て見る
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品