世界中の仰天ニュースをお届け!

2016年2月17日

世にも奇妙な10の聖遺物や人工物(閲覧注意)

このエントリーをはてなブックマークに追加


 聖人たちの骨や遺体は保存され、祝い崇められてきた。ユニコーンの角やゴクラクチョウの剥製と並んで陳列されている禍々しい聖職者の骨、皮膚、内臓物など、こうした聖遺物は、長いこと、神と人間、先祖返り、科学の間の超自然的な橋渡しの役割をしてきた。

 多くの聖遺物と言われるもの真偽は疑わしいものが多いものの、パドヴァの聖アントニウスの金メッキされた舌や、不気味な宗教的聖像(イコン)に敬意を払うために、たくさんの人々がわざわざ列を作る。

 これらの謎めいた遺物を作った張本人は誰なのだろう? 神や人間ではなく、なにか別のものの手によるものなのだろうか? 宗教や陰謀が絡み合ってか、いかにもほかの文明が残したかに見える宗教的聖遺物がいくつかある。奇妙なオーブから、メキシコ政府が2012年に公開した、エイリアンやその乗り物を表わしたというマヤの人工物まで、奇妙奇天烈な10の聖遺物を紹介しよう。

■ 10. 自印聖像(マンディリオン)

[画像を見る]

 イエス・キリストの顔は、およそ場違いなとんでもない場所に現われる。2005年、ロザリー・ローソンは、レイズのサワークリームとオニオン味のポテトチップの上に、ドナ・リーは、ピロシキの上にキリストの顔が浮き上がっているのを見た。

 元911の配車係りのチャック・リックマンは、サンディエゴのハードロックカフェの窓にキリストの姿を見た。キリスト教の言い伝えでは、最初にキリストの顔が奇跡的に現われたのは、彼が顔を吹いた布だったという。

注目の商品