世界中の仰天ニュースをお届け!

2016年2月20日
0

孤児となったオポッサムの赤ちゃんたちを背中で育てる犬(ブラジル)



 オポッサムの赤ちゃんを子育て中の母親が犬に襲われて死亡した。だがその赤ちゃんたちの母親代わりをかってでたのは別の犬だった。

 ブラジル、リオデジャネイロに住む動物学者のステファニー・マルドナドさんのおじさんの飼い犬がオポッサムの母親を殺してしまった。マルドナドさんは直ぐさま赤ちゃんたちを保護し、信頼できる野生動物保護団体へと持っていったが、受け入れるスペースがないと断られてしまう。

 責任を感じた姪っ子のマルドナドさんは子供たちが自力で生きることができるようになるまで自分で育てることに。生まれて間もないオポッサムの面倒を見るのはとても大変な仕事である。そんな彼女にとって代わってオポッサムの赤ちゃんの代理母をかってでたのは彼女の飼い犬、デルマ・ゴンサルベスだった。
 
[動画を見る]
Dog Gives Opossums A Ride!

 オポッサムの子どもなど育てたことがないマルドナドさん。つきっきりで様子を観察し、二時間おきの授乳したりと、その子育ては困難を極めた。ちゃんと育てることができるのかしら?不安がよぎるマルドナドさん。

 だがそんなマルドナドさんに心強い助っ人が現れた。飼い犬のデルマが率先して母親役をかってでたのだ。自らの懐に子供たちを抱き、まるで自分の子どものように愛情深くお世話をしはじめたのだ。

[画像を見る]

 デルマのぬくもりがお母さんのようだったのだろう。オポッサムたちもデルマの懐に包まれスヤスヤと眠りスクスクと育っていった。
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品