世界中の仰天ニュースをお届け!

2016年2月22日

今でも放射線量が高レベル。核実験によりできた、旧ソ連の負の遺産 「チャガン湖」

このエントリーをはてなブックマークに追加


 米ソ冷戦時代真っただ中の頃、ソ連(現ロシア)は核使用の可能性を試すために、カザフスタン北東で核実験を開始した。国家経済のための土木作業、運河や貯水池の建設、石油の採掘などの平和利用が目的という大義名分のもとに数々の核実験を行なったのだ。

 これはアメリカが考案した、プラウシェア計画のソビエト版といえよう。アメリカからこのおぞましいアイデアを拝借して、ソ連はアメリカを上回るさらに多くの核実験を始めた。アメリカは27回の実験を行って、やっとこれがいいことではないと理解して1977年に中止したが、ソ連は1989年まで実に156回にものぼる核実験を執拗に行った。

[動画を見る]
Soviet nuclear test. Chagan. Atomic Lake.

 核実験の結果できたアトミックレイクであるチャガン湖の水は、危険なレベルの放射能で汚染されていて、魚は棲めないし、岸辺に鳥やほかの動物もいない。もちろん人間が泳ぐこともできない。常に悪臭を発しているこの湖の水は、近くのイルティシ川に流れ込んでいる疑いが高まっている。この川はシベリア、ひいては北極海のカラ海までつながっている。

[画像を見る]

[画像を見る]

 カザフスタンのセミパラティンスク実験場のはずれにあるチャガンでの1965年1月の実験はよく知られているもののひとつだ。貯水池を作るのに核爆発が有効かどうかを試すもので、国家経済計画のために行われた核爆発の中で、初めての最大規模の実験だった。

注目の商品