世界中の仰天ニュースをお届け!

2016年2月24日

フェイスブックは薬物と同等の依存性があることが判明(米研究)

このエントリーをはてなブックマークに追加
[画像を見る]

 脳波測定によって、フェイスブックを使用するとコカイン服用時と同じ領域が活性化することが判明した。研究を発表したのは、アメリカ、カリフォルニア州立大学のオフィル・トゥレル教授である。

 トゥレル博士は、大学生を対象にアンケート調査と実験を行った。その結果、フェイスブックの依存度が高い被験者は、コカイン中毒患者と同等の脳波パターンを示したという。

 トゥレル博士は、計20名の大学生を対象に、フェイスブックに関連する不安、離脱症状、葛藤など、自身の”依存症的な”症状を評価してもらうアンケート調査を実施した。

 またそれと同時に、コンピューター画面に画像が表示されたら、ボタンを押してもらうという実験も行った。表示される画像には、無作為に選ばれた対照群となる画像のほか、ロゴやアイコンなど、フェイスブック関連のものが含まれており、その間ボタンを押すスピードと脳の活動が記録された。

 その結果、フェイスブック関連の画像が表示されると、特に扁桃体と線条体が活性化することが判明した。この領域は強迫行為に関連があり、実験で見られた脳波パターンは、コカイン中毒患者の脳で見られるものに似ているという。

[画像を見る]
フェイスブックに関連する画像を見ると特に扁桃体(ピンクの部分)と線条体がコカイン服用時に見られるような活性化を示した。

 「この発見は、少なくとも依存症的症状に関する調査レベルにおいては、科学技術に対する”中毒”が薬物やギャンブル依存症と同じような神経学的特徴を有していることを示唆する」と研究チームは説明する。

注目の商品