世界中の仰天ニュースをお届け!

2016年2月26日

プーチンマニアの為のプーチン大統領にまつわる10の仰天エピソード

このエントリーをはてなブックマークに追加


 現ロシア大統領ウラジーミル・プーチンは現在、最も注目を浴びている指導者の1人であろう。と同時にアメリカが最も懸念を寄せている人物でもある。

 プーチンの影響力が増加するにつれて、大統領にまつわる非常に面白いエピソードも知られるようになってきた。過去の経歴だけでなく、その生涯はまさに常人が望んでも手に入れられないほどに破格だ。

 どこよりもプーチンに密着したいパルモとしては、この情報を外すわけにはいかない。ここでは、アメリカ系サイトにまとめられていた10のプーチンに関する仰天エピソードを見ていくことにしよう。

■ 10. 遅刻常習犯

[画像を見る]

 2013年、現ローマ教皇フランシスコが初の訪露を果たした。そこではプーチン大統領との会見が予定されていたが、前代未聞の事態が起こる。ローマ教皇が50分も待たされたのだ。
 
 実はプーチン大統領は遅刻の常習犯であることで知られている。記者会見など、公的な場においてしばしば数時間もの遅刻をするのだ。待っている相手が誰であろうと、どれほどの要人であろうと、プーチン大統領は一向に気にする様子もない。2012年にはジョン・ケリー米国務長官を3時間待たせ、2003年にはエリザベス女王との会見にも遅刻した。
 
 また飛行機の墜落事故で子供を失い嘆き悲しむ両親との会見にも2時間遅れた。クリミア侵攻の際のウクライナ大統領との会見も例外ではない。そのときはウクライナ大統領を待たせたばかりか、彼を差し置いて通りでバイカーと長時間話し込んだりもした。

注目の商品