世界中の仰天ニュースをお届け!

2016年2月29日
0

その手があったか!目隠しをして食事をすると食事量が減る上に満腹感まで上がることが判明(独研究)



 感覚を総動員すると食事の時間が豊かになると言われているがその逆もあるということだ。目隠しをして見えない状態で食事をするとダイエットに効果的であることがわかった。

 ある実験によれば、人から視覚を奪うと普段の量でもより満腹感を得られるのだそうだ。目を閉じて食べれば痩せると聞けば、料理を食べにくいことが理由と思うかもしれない。しかし研究から明らかになったことは、それによって人が食べた量を過大評価することである。実際に食べる量も減少するのだという。

 実験を行ったドイツ、コンスタンツ大学の心理学者ブリッタ・レンナー教授によれば、食べ物を見ないで食事をすると満腹感が増すという。これは視覚以外の感覚に意識を向けることが原因ではないかと同教授は推測する。

 視覚はしっかり食事が摂れたかどうかを判断する際に大きな役割を果たしている。しかし、これは目の前に見える物の大きさに影響を受ける。例えば、小さなお皿で食事をすると、同じ量であっても大きなお皿で食べるよりも満腹感が増す。

 研究からは、盲目の人は臭いの区別が巧みで、また触覚による空間認知も鋭いことが示唆されている。したがって、目が見えない状態だと食事がより鮮烈な体験となり、食べた量の過大評価につながるのかもしれない。また視覚を奪うことで、実際の食事量と知覚した食事量との関連が断たれることも一因だろう。

 さらに目隠しが味覚や購買意欲に影響を与えることも判明している。
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品