世界中の仰天ニュースをお届け!

2016年3月1日

愛犬の存在があまりにも大きすぎるので、実際に巨大化してみたところファンタジー溢れる写真となった。

このエントリーをはてなブックマークに追加
[画像を見る]

 写真家のクリストファー・クライン は、2014年8月にゴールデン・ドゥードルという品種の犬を飼い始めた。ジョジと名付けたその愛犬の存在が、自分の生活の中でどんどん大きくなっていった。

 それを表現しようと、クラインはジョジを撮影し、その写真に自分を小さく加工したり背景を編集したりと、存在の大きさをジョジを巨大化することで表現した。クラインにとってもうジョジはなくてはならない存在で、それほどまでに大きかったのだ。

 現在1歳8カ月となったジョジ。実際の体高は60cmほどだが、クラインの作った写真には巨大なジョジと小さなクラインの姿だ。冒険したり、海で遊んだり、時に景色を眺めて語り合ったり、とにかく2人は親友で、まるでファンタジー映画、ネバーエンディングストーリーの中にいるようだ。

1.
[画像を見る]

2.
[画像を見る]

3.
[画像を見る]

4.
[画像を見る]

5.
[画像を見る]

6.
[画像を見る]

7.
[画像を見る]

8.
[画像を見る]

9.
[画像を見る]

10.
[画像を見る]

11.
[画像を見る]

12.
[画像を見る]

13.
[画像を見る]

via:thedodophoto credit Christopher Cline

【愛犬の存在があまりにも大きすぎるので、実際に巨大化してみたところファンタジー溢れる写真となった。】を全て見る

注目の商品