世界中の仰天ニュースをお届け!

2016年3月6日

NASAが公式発表を変更。2016年3月8日に地球に最接近する、小惑星”2013 TX68”は、約500万kmの地点を通過。2017年に衝突の可能性は微小。

このエントリーをはてなブックマークに追加


 前回NASAから、2016年3月5日に小惑星「2013 TX68」が地球に最接近するという報道がなされたが、軌道予測の精度が上がったことで、最接近通過予定日が変更となった。その3日後の3月8日になったそうだ。

 「2013 TX68」は、2013年に発見された直径30mの小惑星で、2年前に地球に接近したものの、再度接近することが判明した。

 NASAは推定されている最接近時の距離を、地球からわずか17,700kmの地点(地球と月の距離の21分の1)か、1,400万kmの地点としており、かなり大きな幅があったが、最新の推定によれば、2013 TX68はおよそ500万kmの地点を通過するそうだ。
  
 「小惑星2013 TX68をさらに観測したことによって、その軌道予測の精度が上がり、通過予定日も3月5日から3月8日に変更されました」とNASA。

 パンスターズ(継続的に全天を観測し、移動天体などを検出する計画)が得た画像から、NASA地球近傍天体研究センター(Center for Near-Earth Object Studies=CNEOS)の調査チームが軌道や距離を精密に調査した結果、地球には何ら危険ではないことが再確認された。

[画像を見る]
>
 このデータからは、2013 TX68がそれまで考えられていたよりもずっと遠方を通過する可能性が示唆されているという。500万kmより近くを通過する可能性も残されてはいるが、24,000km以上に接近することはないようだ。

注目の商品