世界中の仰天ニュースをお届け!

2016年3月12日
0

子だくさんがぐぐ!シープドックのお母さんはがんばった。17匹の元気な子犬を出産したよ。

[画像を見る]

 その数なんと17匹。アメリカ、カリフォルニア州にあるナパ・グラスファームという牧場で飼育されている、マレンマ・シープドッグのステラさんが、オス11匹、メス6匹の合計17匹の元気な子犬を出産した。

 マレンマ・シープドッグの1回の出産数は6~8匹だそうで、その倍を上回る数に飼い主のコスタンツォ夫妻もうれしさと驚きでいっぱいだ。

 子犬の出産に立ち会ったバーニー&ルッサムアニマルクリニックの獣医は、カリフォルニア州の多産記録は12匹だが、今回はそれを5匹も上回る。ステラはカリフォルニア州の多産記録を塗り替えた。と語る。

 仲間の数は17匹
[画像を見る]

 生まれたばかりの17分の一
[画像を見る]

 全員元気にすくすく育つ17匹の子犬たち
[画像を見る]

[画像を見る]

 マレンマ・シープドッグはイタリア原産の家畜護身用の犬種である。大きくて白くもこもことした犬種のなかまで、グレート・ピレニーズの先祖にあたる。

[画像を見る]

 かつては羊を泥棒や狼から守る家畜護身犬として働く他、夏には羊と一緒にその厚いコートを刈り取ってセーターなどの衣服の材料にもなった。

 2度の世界大戦が起こったときは力強くて体力のある犬種であったため伝令犬として使われたこともあった。そのため、世界各地で多くの犬種が絶滅していく中でも生き残る事が出来たのだそうだ。

[画像を見る]

[画像を見る]

[画像を見る]

 マレンマ・シープドッグの成犬の体高はオス・メスともに60~73cm、体重は30~45kg。
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品