世界中の仰天ニュースをお届け!

2016年3月15日

音楽に国境も人種もない。イタリアの路上で音がつないだ感動のハーモニー

このエントリーをはてなブックマークに追加


 それはイタリアにある歴史と文化の街、フィレンツェで突如起きた。路上で美しい音色を奏でていた地元のミュージシャンたちだが、その音に魅せられ1人の観光客男性がやってきた。

 「僕も一緒に演奏したいです。コントラバスなら弾けるのですが・・・」

 たどたどしい言葉でそう告げると、コントラバスの奏者は男性に楽器を貸した。男性が楽器を弾くとミュージシャンたちの顔色が変わったのだ。

 そしてついに、観光客男性をくわえての新たなるセッションがはじまる。演目はシャンソンの代表的楽曲、枯葉(オータム・リーブス)である。

[動画を見る]
Autumn leaves

 かなりアレンジの効いた枯れ葉だが、飛び入り参加した男性とミュージシャンらの演奏は息もぴったり。完璧に弾きこなしている。

 コントラバスの音色に思わず笑顔が漏れるバイオリン奏者

[画像を見る]

 それもそのはず。
 実はこの男性、韓国のプロのコントラバス奏者だったのである。

[画像を見る]

 ミュージシャンらは観光客男性に「ソロ」をまかせて見せ場を作る。

[画像を見る]

 音楽が国境を越え心が1つとなった瞬間だ。

[画像を見る]

 そのハーモニーが人の心に伝わっていく

[画像を見る]

 演奏を終え、固い握手を交わす観光客男性とミュージシャンたち
[画像を見る]

 太古の昔から人は音楽を奏で、音は気持ちつなげていった。
 武器を楽器に置き換えれば、平和にもっと近づけるのかもしれないなぁ。

【音楽に国境も人種もない。イタリアの路上で音がつないだ感動のハーモニー】を全て見る

注目の商品