世界中の仰天ニュースをお届け!

2016年3月22日
0

人は自分の信じたいものを信じる。UFOや宇宙にまつわる21の陰謀説

このエントリーをはてなブックマークに追加


 人は自分の見たいもののみを見る。そして例え事実がどうあろうと、信じたいものを信じようとする宿命がある。陰謀説はそういった流れの中で存在し続ける。

 もちろんすべてが嘘というわけでもない。特定の事実に様々な意味合いを含ませ、それが人から人へと伝わっていく際に、更に尾びれ背びれがつき、その時代に応じた形に変化しながら生き続ける、いわば生命体のようなものだ。

 ここでは、一部の陰謀論者に信じられている、UFOや宇宙にまつわる21の陰謀説を見ていくことにしよう。

1. 無人探査機がエイリアンの宇宙船に着陸していた
[画像を見る]iStock
 2014年、彗星を調査をする目的で、無人探査機「フィラエ」が欧州宇宙機関により打ち上げられた。しかし、「フィラエ」は実際はエイリアンの宇宙船に着陸していたという。実際に、彗星に着陸する際、奇妙な音が聞こえるなど不可思議な現象が起こったのがその由来だ。

2. イエス・キリストはエイリアンだった
[画像を見る]Wikipedia
 イエス・キリストが実は異星人だったという説がある。とうてい信じられない話ではあるが、UFO陰謀論の中でもっとも広く知られているのもののひとつ。たしかに、彼の起こした奇跡の数々を思い起こしてみればその説明はつくかもしれない。

3. NASAは宇宙交換留学をしている
[画像を見る]Wikipedia
 ケネディ大統領時代に、NASAは、37光年離れた「セルポ」という惑星に、12人の宇宙飛行士を送っているという。
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品