世界中の仰天ニュースをお届け!

2016年3月26日

日本からはポン酢が。一度はちょっと食べてみたい、世界の15のソースとそのレシピ

このエントリーをはてなブックマークに追加


 料理の名脇役であるソース。フランス料理の決め手はソースにありとも言われているが、世界中にはその国を代表する独特のソースがある。

 海外サイトにて、一度は食べてみたい世界15か国のソースが特集されていた。初めて名前を聞くような珍しいソースも、材料さえ揃えば、切って混ぜたり、フードプロセッサーにかけたり、鍋で煮詰めたりするだけでできるので、試しやすいのもうれしい限りだ。
 
 ※以下、特に言及されていない場合も、適宜塩コショウで味を整える。

1. ポン酢(日本)
[画像を見る]

 日本からはポン酢が選ばれた。基本材料は醤油と柑橘類の果汁。そこにみりんや酢、鰹節や昆布から取った出汁を加えたものもある。日本では市販されているものも含め、柑橘類にユズやカボス、スダチ、橙(だいだい)を使用するのが主流だが、それらが入手しづらい海外では、レモンやライムを使った手作りレシピが紹介されている。サラダのドレッシグや、肉料理のマリネ液、シーフードの付けダレとして使用できる。

2. シェルムラ(モロッコ、北アフリカ)
[画像を見る]

 パセリ、コリアンダー、ニンニクが基本の材料。そこに適宜サフラン、クミン、パプリカ、カイエンヌペッパー、レモン果汁、オリーブオイル、塩を加えてフードプロセッサーにかける。グリルしたシーフードや肉、ローストした野菜に添えて。

3. ペブレ(チリ)
[画像を見る]

 チリの食卓には欠かせないソースで、チリ風バーベキュー「アサード」の定番。

注目の商品