世界中の仰天ニュースをお届け!

2016年4月11日
0

最も残忍と恐れられていた、伝説の6人のヴァイキング



 西暦800年から1050年の約250年間、スカンジナビア半島、バルト海沿岸地域では武装したノルマン人の海賊が暴れまわり、西ヨーロッパ沿海部を侵略しはじめた。彼らこそが、のちの様々な創作作品に登場し、我々が呼ぶところのヴァイキングである。その後彼らは、北ヨーロッパ、地中海、北アフリカ、中東、中央アジア、アメリカ大陸にまで進出したと言われている。

 だが、実際のヴァイキングは略奪を生業としていたわけではないという。ヴァイキングたちの収益の大部分は交易によるもので、略奪の方がむしろ例外的なものだったと考えるのが最近の説である。
 
 とはいえ、語り伝えられるヴァイキングは猛々しく残忍であり、野蛮であるとされてきた。実際のヴァイキングは忙しくて彼ら自身の歴史を残す暇がなかったようで、本当のところはよくわかっていない。

 ここでは、神話や伝説などに語られている、もっとも残酷と言われた6人のヴァイキングを見ていこう。
 
1. 血まみれの斧、エイリーク・ブラダックス[画像を見る]Wikipedia
 ノルウェー最初の王、ハーラル・ホールファグレの愛息子。ブラダックス(BLOODAXE:血まみれの斧)というあだ名は、父親の血統を断つために実の兄弟2人を殺害しようとしたことからつけられた。

 そのうちひとり、ホーコンは生き残り、エイリークをノルウェーから追放した。しかし、エイリークはすぐに新しい土地にノーザンブリア王国を建国、王として君臨した。
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品