世界中の仰天ニュースをお届け!

2017年6月30日
0

身分証明書の顔写真を全てCGで作って申請するとどうなる?受理されてIDカードができちゃった(フランス)



 日本では最近、マイナンバーなるものが導入され、役所に行って顔写真入りの個人番号カードを発行してもらうことで、これが身分証明書の代わりとなる。世界的にみると個人の身分を証明する為に、国が発行するIDカードが使用されるケースが多い。

 身分証明書である以上、IDカードを発行してもらうためには当然本人の顔写真が必要となる。フランス人アーティストのラファエル・ファーブル氏はそこに目をつけた。

 本人そっくりならば顔写真をすべてコンピューターグラフィックで作り上げた偽の3D画像でも可能なのか?で、やってみた。

 結論から言おう。

 偽の顔写真で申請が通っちゃった。

【デジタル画像なのに申請が受理されちっち】

 ファーブル氏は、2017年4月7日にフランスのIDカードの申請をした。彼が準備した必要書類は全て適法かつ真正なものであると判断されその申請は受理された。

 これがそのIDカードである。
[画像を見る]

[画像を見る]
imege credit: RAPHAEL FABRE
 ファーブル氏が提出した「写真」は、コンピュータ上でつくられた3Dモデルである。この「写真」は複数のソフトウェアと、映画やゲーム産業で特殊効果を出すために用いられる技術を使って作成されたもので、人工的に作られた実体を持たないデジタル画像にもかかわらず申請が受理されたのだ。

[画像を見る]
imege credit: RAPHAEL FABRE
【申請書類はすべての条件を満たしていた】

 「写真」はIDカードの申請に必要な、以下の条件を全て満たしていた。
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品