世界中の仰天ニュースをお届け!

2017年7月17日
0

レースとな?どれどれうちらも。ヤギと羊、総勢600匹以上がワールドランに自主参加をする牧歌的光景



 2017年5月7日、ドイツ、ミュンヘンで開催されたウイング・フォー・ライフ・ワールドラン(Wings For Life World Run:略称WFL)に参加したランナーたちは驚いた。

 WFLは、通常のマラソン大会とは違い、後方から追いかけてくる「キャッチャーカー」なる車に抜かれるまでの距離を競う、一風変わったレースである。

 2017年度は世界25か国で、総勢155,288人が参加し、同日同時刻に開催されたのだが、ミュンヘン会場の場合、追いかけてきたのは車ではなく、600匹以上の羊とヤギ軍団だったのである。

[動画を見る] 
Wings for Life World Run 2017 (Munchen) mit Schafen!!!!

 走っている人の群れは羊やヤギの何かに火をつけてしまったようで、道路脇の牧場から自主参戦を決めてしまったようだ。

 羊・ヤギチームはおびえることなく颯爽と人の群れについていったようで、ランナーたちは楽しい時間を過ごしたようだ。

We've now got sheep in Munich! It's an all animal affair... 🐏😂 #WorldRun #WingsForLife #AppRun pic.twitter.com/85l05qRC1u

— WFL World Run (@WFLWorldRun) 2017年5月7日


 ノアの箱舟に乗る時がついにきたか?
 おらも、おらたちも!
 とばかりに人間と一緒に走り出す羊&ヤギ軍

[画像を見る]

 2014年から始まったWFLは、世界各国で同日、同時刻にスタートするというランニングイベントである。

 ゴールはなく、一定時間おきにスピードを上げて追跡してくる車(キャッチャーカー)から逃げ続け、追いつかれた段階でその人はレース終了となり、追いつかれるまでの距離を競う。
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品