世界中の仰天ニュースをお届け!

2017年8月11日
1

SFかよ!皮膚に置くだけで生体組織を修復。驚異のナノチップデバイス(米研究)



 怪我をした部分の皮膚に電子デバイスを乗せてピピッと稼働させると、数日で損傷が修復してしまう。最新ナノチップテクノロジーでやろうとしているのはこれだ。皮膚細胞を再プログラムして、組織や内臓丸ごとすら置き換えてしまうのである。

 それはティシュー・ナノトランスフェクション(TNT)という。現時点ではマウスとブタでしか実験されていないが、新しい治療器具としてきわめて有望だ。

 まるでSFの世界から飛び出してきたような感じだ。

【強力な電場で遺伝子を組織に届ける驚異のナノチップテクノロジー】

 米オハイオ州立大学で開発中のプロトタイプは、皮膚の上に置くと、強力な電場で特定の遺伝子をその下にある組織に届ける。

 遺伝子が作り出した新しい細胞は、その付近あるいは人体のあらゆる場所で使われる。

[画像を見る]
youtube
 「新開発したナノチップテクノロジーを使えば、損傷があったり、機能が低下した内臓を交換することができます」と研究の中心人物であるチャンダン・セン(Chandan Sen)博士は説明する。

 「皮膚は肥沃な土地のようなもので、弱ったどんな内臓でも育てられることを証明しました」

【動物実験ではすでに成功】

 動物実験では、TNTで傷を負った足の外側の皮膚細胞を再プログラムして血管細胞を作ることに成功した。1週間もすると元気な血管が足の傷の中に出現し、2周目には傷が回復した。

[画像を見る]
youtube
 脳梗塞で脳に損傷を負ったマウスの実験では、TNTで神経細胞を再生して脳を回復させることにも成功している。

コメント 1

  • 匿名さん 通報

    これで移殖用の臓器密売犯罪が壊滅してくれないかな

    2
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品