世界中の仰天ニュースをお届け!

2017年8月17日
0

この家は守る!空き巣を撃退すべく格闘したジャーマン・シェパード。おかげで家の中はスプラッターハウスに。



 8月10日の晩、米バージニア州リッチモンドで暮らすトリスタン・マリンさんらが、我が家に帰宅したときのことだ。

 いつものように玄関で、愛犬のジャーマン・シェパード、オーデンさんから熱烈なお出迎えを受けたのだが、不気味な違和感を払しょくすることができなかった。

 なぜなら床に血痕らしきものが付着していたからだ。

 そして階段を見上げると、そこにはスプラッター映画顔負けの凄惨な光景が広がっていたのだ。

【ご近所で起きていた連続強盗事件】

 「階段を見上げたら、上から一階まで血の痕が続いていたんです」

 二階の壁や床には大量の血液が撒き散らされていた。

 この血痕は空き巣が残したものだ。マリンさんによると、特に盗まれたものはなかったという。また帰宅した時点で、空き巣はすでにいなかった。

 実は近所ではこのところ泥棒による強盗事件が数件発生していた。が、今回犯人は盗みどころではなく、命からがら逃げ出すことで精一杯だったろう。

 残された血痕のやばさは動画にて公開されているが、そういうことなので閲覧注意で見てほしい。

[動画を見る]
Family returns to blood splattered walls after dog defended home

【普段は温厚なジャーマン・シェパードのオーデンさん】

 非常に体の大きなジャーマン・シェパードだが、マリンさんの家のオーデンさんがこれほどまでに攻撃的だったのは初めてのことだそうだ。
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品