世界中の仰天ニュースをお届け!

2017年10月12日
0

1週間のうちたった1時間の軽い運動がうつ病の予防につながる(国際研究)



 ジョギングはもちろん、定期的に軽く外を散歩するだけでも心と体の健康に良いという研究結果は数多くされている。

 これに関してまた1つ新たなる調査結果が届けられた。膨大なデータを解析した結果、週に1時間、何らかの運動をするだけでうつ病の予防に効果的なのだそうだ。

【うつだから運動できないのか?運動しないからうつになるのか?】

 イギリス、オーストラリア、ノルウェーの研究者が参加した国際的研究チームは、1984~1997年にノルウェー人を対象にした大規模な健康調査「HUNT」のデータを調査した。

 チームを率いた、オーストラリア・ニューサウスウェールズ大学のサミュエル・ハーベイ(Samuel Harvey)氏によれば、身体の活動レベルとメンタルヘルス(うつ病や不安神経症)との関連を指摘する研究が増加しているという。

 しかしこの類の研究には常に”逆の因果関係”があるかもしれないという疑問が付きまとう。つまり、そもそも心を病んでいるからこそ体を動かせないかもしれないのだ。

 またそうした研究は、うつ病と不安神経症にそれぞれ異なるリスク因子と生物学的メカニズムがあるというのに、それらをひと括りにして扱うことがある。
 
 研究チームが大規模な健康調査HUNTのデータを用いたのはそれが理由であり、運動・うつ病・不安神経症の関連性にまつわる不確定性を取り除くことを目的としていた。

[画像を見る]

【週1時間の運動が将来的なうつ病の発生率を低減させる】

 研究チームは、まず33,908名の健康な成人(体の病気・うつ病・不安神経症の証拠が一切ない人たち)のサンプルを用いて、大規模なグループの運動レベルのベースラインを求めた。
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品