世界中の仰天ニュースをお届け!

2017年10月13日
0

男女の脳の違い。女性は利他的な行動を行ったときに幸せな気分になる(スイス研究)



 誰かに何かを分け与える時、逆に誰かに何かを分け与えられた時、性別によってその反応に違いがあるのだろうか?

 『Nature Human Behavior』に掲載されたスイス、チューリッヒ大学の研究によると、脳の報酬系に関与する領域が、女性の場合、誰かにお金を分け与えるときに活発になり、男性の場合、お金を自分の懐に入れる時の方が活発になったそうだ。
【男女の行動の違いをドーパミン(脳の神経伝達物質)から検証】

 もちろん個人差はあるが、これまでの研究において、女性は男性よりも利他的な傾向を示すことが明らかにされてきた。

 今回の研究著者の1人であるスイス、チューリッヒ大学のフィリップ・トブラー氏はこれについて、「女性は社会性のある行為に主観的価値を置き、男性は利己的な行為に価値」を見出すのだと考えている。

 しかしこうした差異が脳レベルで発生しているのかどうかは分からなかった。

 トブラー氏によれば、両性ともに価値観はドーパミン系に組み込まれている。つまり人が社会的体験に与える価値に応じて脳の活動が変化するということだ。今回の研究において取り上げられたのもこのドーパミン系である。
 
 ドーパミンは脳の報酬系において基本的な役割を果たしており、嬉しいと感じる瞬間に放出される。この精神機能は線条体という部分で生じている。線条体は繊維で縫われており、大脳皮質や視床などからのシグナルを送受信する部分だ。

【利他的な行動と利己的な行動で脳の活性化を調査】

 一連の実験では、ドーパミンが男女の行動に与える影響を確かめることを目的として、56名の男女の参加者に、お金を他人と分かち合うか、自分だけで独り占めするか決めてもらった。
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品