世界中の仰天ニュースをお届け!

2017年10月12日
1

続々と集まる各国の刺客?プーチン大統領にまたしても子犬が贈呈される。トルクメニスタン大統領より。



 思い起こせば5年前の2012年、日本から秋田犬のゆめ(メス)がプーチン大統領のもとに嫁いでいったことは記憶に新しいかと思う。

 2010年にはブルガリアからブルガリアン・シェパードのバフィーが贈られており、各国から次々と刺客というかスパイというか犬たちが送り込まれている。

 そんな中、 今月11日、ロシアのソチでプーチン大統領と対談したトルクメニスタン大統領は、誕生日プレゼントとして子犬をプレゼントしたと海外各紙が伝えている。

[動画を見る]
RAW: Turkmen leader presents Putin with Asian shepherd puppy

【プレゼントされたのは希少種、牧羊犬のアラバイ】

 プーチンの誕生日は10月7日である。御年65歳となった。パルモと1日違いだから忘れようにも覚えられない、じゃなく忘れられない。

 「私たちは世界でも珍しいアラバイという犬が大好きです。今日はそのアラバイの子犬を連れてきました」とグルバングル・ベルディムハメドフ大統領はプーチン大統領との会談を前にスピーチし、子犬の首を掴んで高々と掲げた。

[画像を見る]

【プーチン、子犬に「ヴォルニー」と命名】

 プーチン大統領は子犬を抱きかかえると、ヴォルニー(Verny)と呼びかけ、額にキス。その名はロシア語で「誠実」という意味だ。

[画像を見る]

 アラバイはトルクメニスタン原産のセントラル・アジアン・シェパードの亜種である。

コメント 1

  • 匿名さん 通報

    北朝鮮の人間を死ぬまでこき使っておきながら犬は可愛がるプーチン。そういえばヒトラーもシェパードを可愛がっていた。最後は自分が死ぬ前に犬を殺したんだが。

    0
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品