世界中の仰天ニュースをお届け!

2014年8月8日
0

UFO過ぎるUFO雲が中国上空に出現! 地震の前兆か?

このエントリーをはてなブックマークに追加

 ここまで見事なUFO型の雲は今まであっただろうか?

 8月5日に英メディア「Daily Mail」で報道された記事によると、限りなくアダムスキー型UFOに見える雲が中国の福建省廈門(アモイ)市上空で撮影されたという。オカルトに詳しい人物はコレを見て、「UFO型の雲ではなく、限りなく雲に近い形のUFOだ」とも発言していたが、これは上空に吹く強い風が山岳に当たり、それが波となって、山の風下側に伝わり、その波に雲が発生することで形づくられるという「レンズ状高積雲」であることがわかっている。

【動画は、コチラ→http://tocana.jp/2014/08/post_4591.html】

 しかし、ネットではこの画像を見て、先日雲南省で起きたマグニチュード6.5の地震と関連付ける声もある。というのも、この雲の色づきが、四川大地震の30分前に撮影された、「地震発光現象」(地層の変化によって地盤が変動し、電気が発生したことでプラズマが生成される)とみられる画像と似ているからだ。もちろん、単なる「彩雲」である可能性は高いだろう。

 だがもうひとつ。このUFO雲が目撃された福建省では、巨大なジンベエザメが水揚げされたことが8月4日に明らかになっている。ジンベエザメと地震に大きな関連があるというレポート自体は少ないものの「宏観異常現象」の中には、魚の異常行動と地震の関係を示す調査結果がある。こうした珍しい海洋生物の出現と、これまた災害の前に現れやすいといわれる"UFO"の形をした鮮やかな色の雲の出現には、何か意味があるのかもしれないが...。

 だが、それよりもまずはこの奇跡的なUFO型の雲を見て、自然や宇宙に思いを馳せて楽しむのが先だろう。日本でも、近くに山がある場所に住んでいる人は、たまに空を見上げたら、こうした不思議な雲が見られるかもしれない。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品