世界中の仰天ニュースをお届け!

2014年8月29日
0

2880年3月16日に人類滅亡!? 直径1kmの小惑星が地球に衝突する可能性!(米研究)

このエントリーをはてなブックマークに追加

 2013年2月ロシアのチェリャビンスクで起きた隕石落下は記憶に新しいと思う。直径約17mの隕石の落下により負傷者約1500人を出し周囲は騒然となった。激しい閃光と爆風に「映画アルマゲドンさながらである」と騒ぎになったが、アルマゲドン級とはいかないが直径約1kmの小惑星が地球衝突に向けて接近していることが分かった。この小惑星が地球に衝突すれば人類は滅亡を免れないという。地球最後の日、はたして世界はどのようになっているのだろうか。

【その他の画像はこちらから→http://tocana.jp/2014/08/post_4736.html】

■地球に衝突すれば人類滅亡は免れない。Xデーは2880年3月16日

 米テネシー大学・ノックスビル研究者により「1950 DA」という直径約1kmの小惑星が2880年3月16日に地球に衝突する可能性がある、と発表があった。これまでの研究によると「小惑星は重力と摩擦力により瓦礫が緩く蓄積した集合体である」としていたが、1950 DAは自転所要時間わずか2時間6分という超高速で回転しており、今までの小惑星の概念を覆す惑星であることが分かった。研究者によると通常このような高速回転を続けるといずれバラバラに分解され消滅してしまうはずだが、なぜか1950 DAは全く無傷のまま地球衝突への軌道上に残っているそうだ。

 研究チームは1950 DAの温度と密度から惑星崩壊を防ぐ凝集力の存在を発見、"ファンデルワールス"という凝集力によって形状を維持していることを突き止めた。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品