世界中の仰天ニュースをお届け!

2015年1月13日
2

張成沢氏は処刑前に恐怖で気絶していた...? 世界の怖すぎる刑罰を危機管理コンサルタントが語る!

 東南アジアや南米で危機管理コンサルタントに従事し、さまざまな拷問を目の当たりにしてきたA氏に、世界の刑罰について聞いた。

「刑罰には、国家や民族の宗教的、民族的、あるいは政治的な体質が如実に反映されるんです。日本人の感覚では目を背けたくなる残虐な刑罰が、世界では今も普通に行われていますよ。今回は、僕が知る、世界各国の重くて、酷い刑罰をご紹介しましょう」

■南アフリカ

「"死刑"ではなく"私刑"で使われていた『タイヤネックレス』が、最近復活しました。タイヤネックレスとは、ガソリンを染み込ませたタイヤを首にかけて火をつけるというものです。炎でドロドロになったタイヤが全身に伝わって皮膚を溶かし、首から上は業火と黒煙で焼け爛れます。あまりの苦しさにのたうち回り、タイヤを外そうとすれば、溶けたタイヤを全身に浴びてさらに苦しさが増すばかりです」

 このタイヤネックレスは、アパルトヘイト(人種隔離政策)の負の遺産であり、もともとは白人側に立った黒人を"裏切り者"として制裁する手段だったという。

「まれにタイヤネックレスを生き延びる人もいますが、目や耳はすべて焼け落ち、首から上はただの黒い塊となります。当然、声帯も失いますから......生きた屍と化すのです」

■北朝鮮

「故・金正日(キム・ジョンイル)総書記の妹婿で、北朝鮮のナンバー2であった張成沢(チャン・ソンテク)は、若き独裁者・金正恩(キム・ジョンウン)に"分派活動"(裏切り)の汚名を着せられ、2013年12月に処刑されました。

コメント 2

  • 匿名さん 通報

    変なアプリダウンロードページに飛ばされる。

    8
  • 匿名 通報

    記事の内容とは無関係だが、「恐怖と嫌悪感で、その場で気絶したそうです」って、」嫌悪感」の意味を勘違いしていないかな・・・?

    2
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品