世界中の仰天ニュースをお届け!

2015年4月29日
3

【死刑囚の実像】被害者遺族からも愛される、不思議な殺人者 ― 宮崎家族3人殺害事件

「"あの時"に時間を戻せたらいいのに、ということはいつも思います。ただ、もしも"あの時"に戻れるとしても、今の自分で戻りたいです。自分まで当時の自分に戻ったら、また同じことを繰り返してしまいそうだからです」

 昨年9月中旬、宮崎刑務所の面会室。2010年に宮崎地裁の裁判員裁判で死刑判決を受け、当時最高裁に上告中だった奥本章寛(27)は、そう率直な思いを口にした。奥本が言う"あの時"とは、自分の手で家族3人を殺めた"あの時"のことだ。

【その他の写真はこちらから→http://tocana.jp/2015/04/post_6301.html】

■「宮崎家族3人殺害事件」とは

 2010年3月1日の早朝5時頃、奥本は宮崎市の自宅で生後5カ月の長男を浴槽の水に沈めて溺死させ、妻(当時24)と養母(同50)をハンマーで撲殺。そして日中はいつも通り会社に出勤して働き、夜9時頃、自宅近くにある会社の資機材置き場で長男の遺体を土中に埋めた。そのうえで第一発見者を装って警察に通報したが、犯行はすぐに露呈し、逮捕。裁判では昨年10月、最高裁に上告を棄却されて死刑が確定し、現在は福岡拘置所に収容されている。

 そんな事件の概略だけを聞くと、奥本に「死刑で当然の凶悪犯」という印象を抱く人は少なくないはずだ。しかし実際には、奥本ほど多くの人から愛され、「生きて償うこと」を望まれている死刑囚は珍しい。何しろ、裁判中に支援者らが集めた減刑の嘆願書は6,000筆を超え、被害者遺族までもが最高裁に「裁判のやり直し」を求める上申書を提出したほどなのだ。

コメント 3

  • 匿名さん 通報

    部落とは妻の養母が勝手にそう思い込んでいたのであって実際は部落出身ではなかったこともわかっている そういう意味ではこの殺された養母はなんでも部落のせいにする一部のバカネットユーザーの走りと言えるな

    1
  • 匿名さん 通報

    部落保護PR?

    0
  • 匿名さん 通報

    私も死ぬ時は、死ぬつもりがまったくない状態で死ぬべきです。<<< 妻子と同じような状況に自分が少しでも近づける事で本人の心の拠り所になるのなら良いのでは?それと社会の中の一個人の責任は関係する?

    0
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品