世界中の仰天ニュースをお届け!

2015年11月19日
0

メキシコ・シティ国際空港で"超有名"な少女の幽霊、ハッキリすぎるほど写真に写りこむ!

このエントリーをはてなブックマークに追加

 メキシコの首都メキシコシティの玄関口、メキシコ・シティ国際空港(ベニート・フアレス国際空港)。乗客に混じってこの空港に降り立ったのは、なんと幼い少女の霊!? はっきりと写真に写り込んだ珍客が話題になっているという。

【その他の画像はコチラ→http://tocana.jp/2015/11/post_7952.html】

■空港警備員たちの間では有名な"少女"

 不審者が紛れ込んでいないか、目を光らせていた空港の警備員が見つけたもの......。彼は、その画像を発見した際の恐怖をまだ覚えていると語っている。

 実は警備員たちの中では有名(?)であるというこの霊は、7歳前後の少女の姿で、しばしば空港ターミナル付近に出没するという。少女はボールを抱えており、靴紐がほどけている場合が多いそうである。
 また空港内には"飛行機の墓場"と言われる航空機材が多く捨てられている地区があり、そちらにも霊が現れているようだ。

 ひとりの警備員が、そこで打ち捨てられている飛行機の窓の向こうに、ボウっと佇む霊をカメラで捉えている。こちらを向いている白い顔は、一体何を訴えているのだろうか......。

「何かが出る」と、このエリアは一般人の立ち入りが禁止されており、昼と夜に要巡回区域となっているという。直近に監視ビデオに捉えられた霊が現れたのは、到着ゲートから外へ出た出口付近。100年以上前のビクトリア朝のような長いナイトガウンと、ナイトキャップを身に着けていて微笑んでいるというが......。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品