世界中の仰天ニュースをお届け!

2016年1月16日

吹き出る血と汗…日本に降臨した聖母マリアの奇跡と予言! そして人類の恐るべき終末とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

■聖母マリア出現

 キリスト教の救世主イエス・キリストの母である聖母マリア。

 愛と慈悲の象徴とされる聖母マリアは、全世界の人々の前に現れ、奇跡を起こすことがあるという。そして、そんな聖母マリア出現の中でも、最も有名なのが「ファティマの予言」だ。

「ファティマの予言」とは、1917年、ポルトガルの一寒村、ファティマにおいて、羊飼いの3人の子どもたちの前に聖母マリアが出現し、人類の行く末を示す重大な3つの予言を託したという出来事である。

 1942年、3つの予言のうち、2つはバチカンから公表された。しかし、3つめの予言に関しては、「1960年まで公表を待つように」と約束されていたため見送られていた。しかしそれにもかかわらず、結局60年には公開されず、世に出されたのは2000年だった。このこともあり、この公表された予言は捏造だという噂も根強い。

 そして、この謎多きファティマに出現した聖母マリアが日本にも降臨していたというのは、ご存知だろうか?

【その他の画像はコチラ→http://tocana.jp/2016/01/post_8470.html】

■日本での奇跡の始まり「秋田の聖母マリア」

「秋田の聖母マリア」とは、秋田県にある在俗修道会「聖体奉仕会」において、聖母マリア像が涙を流すなど、さまざまな奇跡が起こった現象のことを指す。

 これは、同会に所属するシスター笹川の手に出血を伴う十字型の傷が現れたことから始まる。

注目の商品