世界中の仰天ニュースをお届け!

2016年1月26日

「2025年、子どもの半数が自閉症に!!」 背後に巨大バイオ企業とロックフェラー家の影

このエントリーをはてなブックマークに追加

 1970年代、自閉症と診断された子どもは、1万に1人程度の割合であった。しかし、2009年には100人に1人の子どもが自閉傾向を持つようになったともいわれている。もちろん、自閉症の診断基準の変化も背景と考えられるが、それにしてもこの急激な変動は、ほかにも理由があるのではないかという疑いを生む。

 この事態について、米国マサチューセッツ工科大学のステファニー・セネフ氏が、このペースで増加が続くとすると、2025年には2人に1人が自閉症であると予想し、社会に警鐘を鳴らしている。そして彼女は、この急激な変化を引き起こしたものとして、われわれの食生活を支えている“あるもの”の名を挙げたのであった。

■除草剤が原因?

 セネフ氏は、自閉症の子どもが急増している様子を描いたグラフに、“あるもの”の使用量を重ね合わせ、その因果関係を疑っている。それは、1970年にモンサント社が開発した「ラウンドアップ」という除草剤だ。植物の代謝を阻害する作用を持ち、すべての植物を枯らせてしまう効力を持つ。

【その他の画像はコチラ→http://tocana.jp/2016/01/post_8687.html】

 以前は雑草に対してのみ使用されていたが、現在では作物に対しても散布されている。それは、作物の遺伝子を組み換えて、ラウンドアップに対する耐性をもたせているからだ。もちろん、その遺伝子組み換え作物(GMO)はモンサント社が販売している。

注目の商品