世界中の仰天ニュースをお届け!

2016年2月11日

タイで大流行の「ルクテープ」人形! 人間の魂が憑依する幸福人形に隠された秘密とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

「ルクテープ」――それは、いまタイで爆発的に広まりつつある人形だ。大切に所有し、人間同様に扱うことによって幸運がもたらされると信じられている。タイ語で「子どもの天使」を意味するその名の通り、この人形には子どもの魂が宿るとされ、本物の赤ちゃん用の服を着せたり、食事を与えたりと、家族同然に扱われる。しかも、実際にルクテープを持つことによって成功したという芸能人や、宝くじが当たったという人が続々と現れはじめている。今回は、この謎に満ちたルクテープ現象にまつわる数々のエピソードを紹介しよう。

■ルクテープ人形とは?

 ルクテープは、さまざまな容貌のものが販売されているが、大きさは生後数カ月の赤ちゃんくらいで、いかにもタイ人的な顔立ちをしているものが多い。価格は日本円にして4,000~80,000円と、種類によって幅広い。

【その他の画像と動画はコチラ→http://tocana.jp/2016/02/post_8812.html】

 ルクテープの購入後は、仏教の僧侶に祈祷を依頼する人が多いが、この手順を踏むことによって人形に魂が宿るという。高名な僧侶に祈祷してもらい、ルクテープの背中に魔除けの呪文を書いてもらう状況を紹介する動画も数多く公開されている。ただし現地では、仏教の僧侶がこのような民間信仰的・呪術的現象に加担していることを好ましく思わない人々も少なくないようだ。

 いずれにしても、ルクテープには本物の子どもの魂が宿るとされるため、決して粗末に扱ってはいけない。

注目の商品