世界中の仰天ニュースをお届け!

2016年2月10日
0

NASAの極秘データ250GBが漏洩! ケムトレイル散布の実態をアノニマス一派が入手か!

 インターネット上で神出鬼没の活動を行う謎のハッカー集団、アノニマス――。その一派である「AnonSec」がNASAへハッキングをしかけ250GBものデータを掌握したことを発表している。

■NASAのネットワークに易々と侵入

 AnonSecがNASAへのハッキングを通じて入手した250GBのデータには、414人のNASA職員の名前、eメールアドレス、電話番号に加えて、2143ものフライト記録と、航空機から撮影した631ものビデオ映像とレーダー記録が含まれているという。フライトデータなど航空機に関する情報には、NASAが運用している無人航空機・グローバルホークから得られた情報も含まれているということだ。それにしても250GBものデータが、こうも簡単に流失してしまうものなのか……。

【その他の画像はコチラ→http://tocana.jp/2016/02/post_8814.html】

 入手した一部のテキストデータはすぐさまウェブアプリケーションサービス「Pastebin」にアップされ、現在誰でも閲覧することができる。またグローバルホークから撮影された映像も逐次YouTube上にアップされているようだ。

 今回の発表を行う前から、AnonSecはNASAのネットワークに侵入しており、しかもフライトデータが自動的に外部サーバに送信されるプログラムを忍び込ませていたという。

 したがって、この250GBのデータは一定の期間の間にほぼ自動的に入手できたものなのだ。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品