世界中の仰天ニュースをお届け!

2016年2月10日

住民の2%しか聴こえない! 世界各地で鳴り響く謎の音「ザ・ハム」とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

 世界各地で出所が不明の“ハミング”が鳴り響いているという。いったい何が起っているというのだろうか――。

■聴こえるのは住民の2%だけという謎のハミング音

“ハミング”は世界中のいくつかの場所で報告されている。情報サイト「Disclose.tv」や「Live Science」などの記事によれば、この音は、英サウス・ウェスト・イングランドでは「ブリストル・ハム」と呼ばれ、また米ニューメキシコ州では「タオス・ハム」、同じくインディアナ州コーコモーでは「コーコモー・ハム」と名付けられて地元の人々の認知度も高いようだ。またカナダ・オンタリオ州ウィンザーでも「ウィンザー・ハム」が報告されている。そしてこれらの“ハミング”を総称して「ザ・ハム(The Hum)」と呼称されているのだ。

【その他の画像と動画はコチラ→http://tocana.jp/2016/02/post_8815.html】

 報告されている地域は多いものの、それぞれの報告数は少ない。それというのも、2003年にイギリスの研究で、これらの「ザ・ハム」は各地域住民の約2%の人々にしか聴こえない現象であることが突き止められているのだ。

 たいていの場合、室内にいる時に聴こえてきて、また、昼より夜のほうが良く聴こえてくるということだ。当然のことではあるが、喧騒に包まれた都市部よりも静かな地域のほうがより鮮明に聴こえてくるという。さらに興味深いことに、「ザ・ハム」が知覚できる2%の人々のほとんどは55歳から70歳までの中高年であるという。

注目の商品