世界中の仰天ニュースをお届け!

2016年2月16日
0

SNSでいじめられた「ファイファー症候群」の少年の母が起こした行動とは? Facebook強烈批判も

英紙「Daily Mail」(2月1日付)によると、テキサスに住むアリスアン・マイヤーさんは、愛息ジェイムソン君のチョコレートまみれのキュートな写真をブログにアップしたという。今から2年前のことだ。このとき彼女は、これが悪夢の始まりになるとは、つゆほども思わなかったと話す――。

【その他の画像はコチラ→http://tocana.jp/2016/02/post_8859.html】

■「うちの子の写真を勝手に使うな!」

 衝撃が走ったのは、昨年2月。なんとソーシャルメディアにジェイムソン君の写真が勝手に出回り、しかも犬のパグと比較されているというのだ。

「初めて見た瞬間、全身の血が凍りつきました。だれかがジェイムソンの写真を無断で使って、ネットで弱い者いじめしていたんですから。こんなことしでかす連中の頭の中はどうなってるんでしょう。まったく理解できません」(アリスアンさん)

 実は、ジェイムソン君は「ファイファー症候群」という難病にかかっている。遺伝子の異常により先天的な頭蓋骨や顔面骨の形成異常がおこり、頭蓋骨が小さいことにより、脳の発達が妨げられ、頭痛や吐き気、視聴覚の障害、眼球の突出などが起こる病気なのだ。

 アリスアンさんは、2012年にジェイムソン君を授かって以来、我が子の成長をブログに書き始めた。それが偶然、ジェイムソン君の写真を見つけた悪意ある人間によりむざむざとネットで拡散され、ネタとしてもてあそばれてしまったのだ。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品