世界中の仰天ニュースをお届け!

2016年2月26日
0

パレスチナ革命に身を投じた伝説的映画監督・足立正生が語る「テロと宗教と切腹集団“死のう団”」とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

 さまざまな解釈を可能とするカフカの著作「断食芸人」を、1960年代に“アングラの旗手”として知られ、後にパレスチナ革命に身を投じた伝説的映画監督・足立正生が原作から1世紀の時を経て映像化。2月27日より渋谷ユーロスペースを皮切りに、全国32カ所で上映される。これは、『幽閉者 テロリスト』(07)以来の約10年ぶりの監督作品となる。

【その他の画像はコチラ→http://tocana.jp/2016/02/post_8889.html】

 そこで公開前に足立正生監督に、映画の話のほかにもパレスチナゲリラ時代の話、若松孝二監督との友情や、国際指名手配されていた話、ISのことなど色々な話を伺ってきた。このインタビューを読み映画を観ることで、より深く足立監督の想いが伝わるのではないだろうか。

■やっぱり神は信じたことがない

――この映画には宗教観が出てると思いますが、監督の宗教観について教えてください。

足立監督(以下、足立) 私は元々無神論者だし、家は浄土真宗。

――パレスチナにいってゲリラをやられていたので、やはりムスリムになったんですか?

足立 いや、ならないですよ。向こうは宗教婚しかないから、向こうで結婚するために洗礼を受けないと結婚できない。そのためにギリシャオーソドックスのクリスチャンになるんですよ。だから私はクリスチャンですよ。

 ギリシャ正教に入信したっていうのを認めるための、7項目の試験があるんです。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品