世界中の仰天ニュースをお届け!

2016年2月22日
0

人工知能(AI)が人間を抹殺する命題とは? AIと意識、生物の定義をめぐる科学ライターの激論!

このエントリーをはてなブックマークに追加

 今年1月にオープンしたウェブサイト「サイエンスニュース」。「科学で世界をブリッジする」をコンセプトに、科学の世界とそうではない世界をつなぎ、科学の面白さをたくさんの人に伝えている。

 物理・数学・宇宙・化学・生物などの科学系のすべての分野をカバーし、難しい事柄でもより多くの人に伝えるためのわかりやすい、科学的知見に立った解説が注目を集めている。

 そんな「サイエンスニュース」で編集統括を務める、サイエンスライター川口友万氏と、編集記者を務める山下祐司氏に、科学にまつわるあんなことやこんなことをインタビュー。今回は人工知能(AI)についての話を聞いた。

【その他の画像はコチラ→http://tocana.jp/2016/02/post_8898.html】

■こころを解明する鍵はAIか

――社会の根本である人間のこころについて、どうにか科学的なアプローチはできないものでしょうか。

山下祐司氏(以下、山下) 人間のこころを研究できるかといったら、おそらくそれは人工知能(AI)でアプローチではないでしょうか。

川口友万氏(以下、川口) 結局、AIはそういう目的をもっているものだもんね。人は人を作らないと、人がなんなのかわからない。極端な話で言えば、こころがわからないならこころを作ればいいんでしょう、という話でしょ、今やってるのは。

――AIはある意味脳の動きを作り出すという方向からの、こころへのアプローチということですか。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品