世界中の仰天ニュースをお届け!

2016年2月17日

未来の人類を科学で予想! 地球上で昆虫とバトル、臓器の位置も変化? サイエンスニュース編集者対談

このエントリーをはてなブックマークに追加

 今年1月にオープンしたウェブサイト「サイエンスニュース」。「科学で世界をブリッジする」をコンセプトに、科学の世界とそうではない世界をつなぎ、科学の面白さをたくさんの人に伝えている。

 物理・数学・宇宙・化学・生物などの科学系のすべての分野をカバーし、難しい事柄でもより多くの人に伝えるためのわかりやすい、科学的知見に立った解説が注目を集めている。

 そんな「サイエンスニュース」で編集統括を務める、サイエンスライター川口友万氏と、編集記者を務める山下祐司氏に、科学にまつわるあんなことやこんなことをインタビュー。今回は、未来の人類がどうなるのかを、2人に大胆予想してもらった。

【その他の画像はコチラ→http://tocana.jp/2016/02/post_8896.html】

■臓器の位置が入れ替わったり、体が小さくなっちゃったり!?

――少し前にも扱った話題なんですが、未来の人類の姿はどんな風になると思いますか。例えば、初期の人類といわれるアウストラロピテクスが400万年前に生存していたといわれているので、逆にこれから400万年たったらどうなるかという…

山下祐司氏(以下、山下) 博物館に行って400万年前の原人と僕らを比べてみると、そんなに変わらないですよね。毛深くなるとか、骨格や筋肉が違うとか。だから400万年かけてもそれくらいの変化しかない、でもそれだと面白くないですよね。

 じゃあ何が変われば人間の体が変化するか考えると環境の変化しかない。

注目の商品