世界中の仰天ニュースをお届け!

2016年2月26日
0

「制御不能の口」を持つ少年、肥大する舌と唇を手術へ=南アフリカ

 英紙「Daily Mail」(2月18日付)によると、ジンバブエ生まれのプロスペール・マティ君(1歳)は、明るく元気な赤ちゃんとしてすくすく育っていたという。しかしある日、両親は息子の唇と舌が異常な速さで肥大していくことに気づいた。急成長は止まらず、あれよあれよという間に、とうとう顔の半分くらいの大きさにまで腫れあがってしまった……。

■唇と舌にできた「血管腫」が急激に膨張

 急いで医者に見せたところ、プロスペール君は「血管腫」に罹っていることが判明した。これは非がん性の良性腫瘍で、比較的よくみられる病気なのだそうだ。できやすい場所は太ももなどの下肢の他、頭や首などの頭頸部、上肢などが多いが、良性の場合が多く、経過をみるだけで特別に処置はしないのが普通だという。ただし、良性であっても目の周りや唇、呼吸を妨げる箇所にできたときは切除が必要になる。プロスペールくんの場合、運悪く唇と舌にできてしまっていた。

 特に舌は成長とともにどんどん膨れあがり、最終的には気道をふさいで窒息死してしまうというのだ。だが、ジンバブエにはプロスペール君の手術ができる病院がない。両親は一大決心をして母国を脱出、南アフリカへと向かった。幸い、国の北東部にあるハウテン州テンビサで手術をしてくれる医師を見つけ出すことに成功。だが、無常にも1300ポンド(約21万円)の緊急手術が必要だと告げたのだった。

 貧しい両親は目の前が真っ暗になったと話す。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品