世界中の仰天ニュースをお届け!

2016年2月19日
0

ロックバンド人間椅子の和嶋が爆弾発言「UFOに連れ去られて、音楽性が変化した」和嶋慎治インタビュー

このエントリーをはてなブックマークに追加

 2月、ロックバンド人間椅子がオリジナルとしては通算19枚目のアルバム『怪談 そして死とエロス』を発売。19日からはいよいよ全国ワンマンLIVEツアーが始まる。

 日本文学と前衛芸術、オカルティックで不気味……だが、決してダークすぎない前向きな音楽性でファンを魅了し、デビュー25年という節目を越えた今、新たに10代20代の若者から爆発的な支持を集めはじめているという人間椅子。今回は、作詞・作曲・ギターを担当、月刊『ムー』(学研プラス)愛読者でもあり、数々の超常体験を重ねてきたというオカルト・エリート和嶋慎治氏に「怪談 そして死とエロス」に込めた思いや撮影秘話について伺った。

【その他の画像はコチラから→http://tocana.jp/2016/02/post_8935.html】

――今回のアルバムはどの曲も「命の大切さを伝えたい」という気持ちが入っているそうですが、現代人は命を大切にしていない印象ですか?

和嶋慎治氏(以下、和嶋) 短絡的すぎるとは思いますね。もちろん殺人は何千年も前からありますが、昔はもっと憎しみや分かりやすい欲望で行われていたのではないでしょうか。しかし現代は、止むに止まれずという訳ではなく、簡単にタブーを、やっちゃいけないことを乗り越えてしまっている気がします。最近はインターネットなどで簡単に人の悪口を言いますが、本来は人をけなすのも簡単にやっちゃいけないことです。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品