世界中の仰天ニュースをお届け!

2016年3月4日
0

空に浮かび上がった、誰にも見えない“巨大な顔”!

 空にぽっかりと浮かんだ大きな不思議な煙――。英サウス・ヨークシャー州に住む公務員のジュリア・ミドルトンさん(37歳)が撮影した、ある一枚の画像が現地で話題になっている。

【話題の画像はコチラ→http://tocana.jp/2016/03/post_9044.html】

■突然空に浮かび上がった楕円形の煙

 ジュリアさんは先日、母親ポーリーンさんと共にサウス・ヨークシャー州ドンカスターにある野生動物保護公園を訪れた。目的はシロクマの撮影だったという。

 予定通り撮影を楽しんでいたジュリアさんはそこで驚くべきものを発見する。突如として空に細長い白い煙か雲のようなものが出現し、一筆書きのように地上から大きな細長い円を描くような形状に変化したのである。慌ててシャッターをきったジュリアさんだったが、不思議なことに彼女たち以外、周囲にいた人たちはこの光景に誰も気付かなかったそうだ。

 一体この白く浮かんだものは何なのか? 発見した当初は変な形の煙だと思ったそうだが、辺りを見回したところ地上で何かが燃えている形跡もなく、また飛行機も飛んでいないことを確認。

「こんなことは自分でも本当に不思議なんだけど……」と話すジュリアさんだが、不意にこの白い形は顔か頭だとわかる瞬間が訪れたのだった。そしてジュリアさんはすぐに確信したそうだ。

「おばあちゃんからのメッセージだわ!!」

 奇しくもその日はちょうど、以前93歳で亡くなったジュリアさんの祖母であるメグ・ジャイルズさんの命日であった。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品