世界中の仰天ニュースをお届け!

2016年3月27日
0

事故物件近くに住む人間の心理がヤバすぎる! 事故物件公示サイト「大島てる」が語る苦情内容と風評被害

このエントリーをはてなブックマークに追加

 今や好奇心に煽られたネット民だけにとどまらず、実用サイトとしても絶大な人気を誇る事故物件サイト『大島てる』。これから賃貸住宅を借りようとしている人からすると、とても便利なサイトだが、貸主からすると、非常に目障りな存在にもなりうる。『大島てる』に、苦情などは来ないのだろうか?

【その他の画像はコチラ→http://tocana.jp/2016/03/post_9079.html】

――苦情ってだいたいどのくらいの頻度であるものなんですか?

大島「弁護士名の書面なんかは今はほとんどないですね。『大島てる』に投稿された情報が間違っていたら、指摘さえすれば削除なり訂正なりしてもらえるということを皆さん知っていますから。名古屋での女子大生による殺人事件にしても、NHKから週刊誌まで、たくさんのメディアが報じているわけですから、今さら『大島てる』を黙らせても意味がないわけです。

 ですから、傾向としては、『大島てる』の特ダネというか独自ネタに対しての方が『コイツさえ黙らせれば世の中から消せる』と思われて苦情が来ることが多いです。もちろん絶対折れませんけど」

――どちらかというと有名な事件の方が、苦情がありそうな気がしますけど、実情はその逆ということなんですね。

大島「はい。『大島てる』から削除させても無意味なほどに世に知られているという場合の話です。それでもアパートの場合、部屋番号まではテレビなどで報じられることはあまりないですよね? 一方『大島てる』では部屋番号まで載せています。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品