世界中の仰天ニュースをお届け!

2016年3月11日
1

【3.11震災から5年】「またすぐに日本を超巨大地震が襲う」学者も、予言者も、FBI超能力捜査官も断言

 東日本大震災が発生してから、今日で5周年を迎えた。この大震災は、死者・行方不明者が1万8千人を超え、40万人以上が避難するという未曾有の大災害となった。日本全体では約17兆円の経済的損失を被り、世界銀行の推計では災害における史上最大の被害額となったという。

 このような大惨事を繰り返さないため、これまで地震予知を不可能とみなしてきた科学者たちも、巨大地震の予測に取り組むケースが増えてきた。今回は、研究者や予言者たちによって近い将来発生すると予測されている巨大地震を紹介したい。

■3.11を上回る“余震”がある!?

 まずは、3.11の余震を警戒しなければならない。実は発生から5年を経た現在も、まだ大規模な余震が発生する可能性は続いているのだ。これまでに、M7規模の余震が何回か起きているが、大地震の余震は必ずしも「本震よりも小規模」とは限らない。場合によっては、同規模の地震も起こり得るのだ。

 武蔵野学院大学特任教授の島村英紀氏は、「M9級地震の余震は本来、100年以上続き、しかも規模もM8級のものがあるはずなのです。ところが、2015年までの日本では、まず余震の数が異常に少ない。米国ではM8・2かそこらの地震の余震が200年後の現在も続いている地域があるくらいなのに、です」(週刊現代、2016年1月9日号)と語っている。つまり、これまでの余震は小さすぎるため、今後さらに大きな地震が起こる可能性が高いというのだ。

コメント 1

  • ノラ猫さん 通報

    いや…別にオリンピックなんぞ どうでもいい。それより日本国民の生命の方が大事だ。

    6
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品