世界中の仰天ニュースをお届け!

2016年3月16日

寝ている子どもの隣で夫婦の営み、これって児童虐待? 専門家も参戦して議論紛糾!

このエントリーをはてなブックマークに追加

 現在、英国発の子育て情報サイト「Netmums」に投稿された、とある母親からの質問が大反響を呼び、学者や専門家らも交えて白熱した議論が巻き起こっているようだ。日本の家庭にとっても決して他人事では済まされないその問題について、どのような意見が飛び交っているのか、詳細についてお伝えしよう。

■子どもと同じ寝室でも、ムラムラしちゃう?

 先月1日、匿名の投稿者が「Netmums」に集う母親たちに問いかけたのは「子どもと同じ寝室における夫婦の営み」の是非について。つまり、寝ている子どもの隣で夫婦が夜の営みに及ぶことは問題ないのか、それとも避けるべきなのか、という悩みだ。

 投稿者は「これは私の話ではない」と前置きした上で、自らの友人が事情により数カ月間、子どもたち(8歳と10歳)と寝室をともにする必要に迫られているが、その間も行為を続けていると暴露。「本人たちは、子どもは確実に寝ているから問題ないというんですが、でも……そんなことわかりませんよね。寝ているふりをして、パパとママが何をしているか不思議に思っているかもしれないし」と、動揺する胸の内を明かす。

 さらに投稿者は、「これは私に関係ないことだという思いもあるんです。全然気にしない人もいるでしょう。でも、心のどこかで、なにか言わなきゃいけないと感じるんです。ただ、安易に判断することはマズいと思うし、ほかの人はどう思っているのか聞いてみたくて――」「発展途上国では、家族が大きな部屋で一緒に寝ることはよくある話かもしれません。

注目の商品