世界中の仰天ニュースをお届け!

2016年3月18日

戦争で負傷した兵士に対する初の男性器移植手術が行われる=米

このエントリーをはてなブックマークに追加

 アメリカ初の男性器移植手術が近々執り行われる予定だ。はたして、移植された男性器は、きちんと機能するのだろうか?

【その他の画像はコチラ→http://tocana.jp/2016/03/post_9175.html】

■アメリカ初の男性器移植手術へ

 兵士が国益を守るために戦場で失うものは多い。命を失う者、命こそ取り留めたが、四肢や視力、聴力、臓器などを失うものも少なくない。そして、あまり話題に上ることはないが、性器を失ってしまう兵士もいる。

 イラクとアフガニスタンの戦争では1300人を超えるアメリカ兵が、こういった性器損傷を受けている。こうした性器損傷を受けた兵士に、今、救いの手が差し伸べられようとしている。科学情報サイト「Popular Science」のレポートによれば、ジョーンズ・ホプキンス病院の医師と科学者のチームが、アメリカ初となる男性器の移植手術を執り行うとのことである。

 中国や南アフリカでは、完全な移植手術とまではいかないが、部分的な男性器の移植手術の成功例はあるという。しかし、なぜ医療先進国のアメリカでの手術例が今までないのであろうか。もちろんその理由はいくつも挙げられるが、大きな理由の一つとして術後のリスク管理があるという。

 たとえどんな臓器移植であっても拒絶反応のリスクが必ずある。その拒絶反応を抑えるために、もともと人体に備わっている免疫力を抑制剤などの薬物を利用して抑える必要が臓器移植には不可欠だとされている。

注目の商品