世界中の仰天ニュースをお届け!

2016年3月17日

夫婦旅行はやはり離婚する? 1年半、夫婦で世界旅行した人物に聞いた!

このエントリーをはてなブックマークに追加

 兄と妹のような夫婦だ。夫婦仲がいいと似た者夫婦になる――といにしえから言われつづけている。

 2月に発売された『泥酔夫婦 世界一周』(オークラ出版)はライター・編集者のマッちゃんこと松本祐貴と、WEBディレクターの奥さん友紀子さん夫妻が、2013年1月から14年5月までの474日間かけて41カ国(!)~アジアから中東、アフリカ、ヨーロッパ、南米、南極、まで地球をぐるりと一周した壮大な実録書である。

【その他の画像はコチラ→http://tocana.jp/2016/03/post_9176.html】

本橋 大不況が続くご時世で、よく1年半も家を空けて、夫婦で世界旅行したよねえ(シミジミと)。

松本 ええ。貯金が300万あったので、このお金をマンションの頭金にするか、世界一周の資金にするか悩みながら思い切って嫁さんに相談してみたんです。

本橋 そしたら?

松本 台所で麻婆豆腐をつくりながら、『ふーん、面白いわね』と(笑)。

本橋 ああ、それは奥さん、偉いですよ。やっぱり似た者夫婦! なんか雰囲気が似ているんだよね。言われるでしょ?

松本 ええ(笑)。

本橋 世界一周本って、意外とありそうで無いんですよ。なかでも夫婦そろって世界一周っていまどきなかなか無い。かつて夫婦で世界一周っていうと、大型豪華客船で世界一周くらいしかなかった(笑)。

松本 女性が書いたのでは「アラフォー女の世界一周」というイラスト付きのものがありますけど、夫婦ではそんなに無いですね。

注目の商品