世界中の仰天ニュースをお届け!

2016年3月24日
0

生き埋めでどれだけ生きられる? 試しに棺桶に入ってみたら…

このエントリーをはてなブックマークに追加

 ある意味究極の肝試しといえるのではないだろうか? 生き埋めでどれだけ辛抱できるのか試そうと、超無謀な試みに挑戦した男性がいる。

【その他の画像はコチラ→http://tocana.jp/2016/03/post_9231.html】

■無謀過ぎる“生き埋めチャレンジ企画”

 その無謀(!?)な男性はイギリスで人気のサイエンス・プレゼンター、グレッグ・フット。これまでにも数々のTVやラジオ番組内で科学の謎を追求している。600個のジャガイモから巨大電池を作ってみたり、火だるまになって演奏してみたり、感電死スレスレまで電流を通してみたりと体を張っているチャレンジャーである。

 今回の生き埋め企画はBBCの番組のもので、実験現場はとある墓地。グレッグの指には血中酸素濃度を測るパルスオキシメーターが装着され、万が一の事態に備えて医師や救急車がスタンバイする。棺桶の中に横になり、その上に透明なプラスチック板を取り付けられ完全に密閉され、実験がスタート。

 最初は余裕があったグレッグに異変が起きたのは開始後3分が経過した頃だ。動画では徐々に板の表面が結露で曇り始め、棺桶内の酸素が欠乏していくのが目に見えてわかる。ピピピっと危険を知らせるアラームが鳴り、グレッグはやがて苦悶の表情に加え、空気がないことを必死に訴え始めたのだ。

 棺桶内の二酸化炭素濃度がこれ以上高くなり過ぎないうちにドクターストップがかかりグレッグは無事解放されたが、仮に同条件で生き埋めにされた場合、生存できる時間はおよそ60分間と見積もられているそうだ。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品