世界中の仰天ニュースをお届け!

2016年3月25日
0

不倫・乙武洋匡も唖然! 障害を超えて人生を謳歌した最強の身体欠損人間4選

 23日、タレントの乙武洋匡氏が5人の女性と不倫関係にあったことが「週刊新潮」(3月31日号)で報じられた。先天性四肢切断という重い障害を持ちながらも、明るく、社会活動をしてきた姿とはかけ離れた行状に、がっかりしている人も多い。

 今回の不倫騒動は、彼の並外れた行動力が悪い方に発揮された事例だが、強い行動力や意志が社会で活躍することに必要なのは間違いない。そこで今日は、障害を持ちながらもそれを乗り越え活躍した、古今東西の人々をご紹介しよう。

【その他の画像はコチラ→http://tocana.jp/2016/03/post_9259.html】

■四肢のないレスラー、ダスティン・カーター

 米オハイオ州に住むカーターさんは5歳の時、髄膜炎菌血症にかかり、病院に搬送されたものの両手両足を切断。スポーツをすることが好きだった少年は、義足での生活を余儀なくされた。それからふさぎ込みがちな日々を送っていたが、14歳の時、兄が通っていたレスリングクラブに見学に連れて行かれたことから人生が一変する。普段から自分のことは自分でできるように頑張ってきた彼に、レスリングという新しいターゲットが生まれたのだ。

 彼はレスリングのオハイオ州大会で優勝することを目指し、約5年間、トレーニングを積み重ねていった。地獄のようなトレーニングの結果、彼は40キロの重りを首にかけて20回アゴ上げができるほどになったという。

 手足がない彼にとって、レスリングは無謀とも思える競技だが、地区大会を勝ち抜き、3位で予選を通過した。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品